Travel

八ヶ岳を楽しもう⓵~ハイキングで絶景~

先日八ヶ岳に行ってきました。
7月の暑い暑い猛暑の週末に。
今回はその時に訪れたおすすめの場所を紹介したいと思います。

八ヶ岳ってどこ?

八ヶ岳は山梨と長野にまたがる山塊を言います。南北30Kmの山体で、1つの山の名称ではなく、この周辺の山々の総称です。八ヶ岳の範囲の定義は様々で決まってはいないようです。
東京から車で3時間程度で行けることもあって、夏は涼みに、秋は紅葉を見に訪れる人が多くいます。
八ヶ岳周囲には美術館も多く、牧場や公園など観光スポットとしてカフェなど構えている場所も多くあります。
ホテルや旅館もたくさんありますし、農産物の直売所も多く見かけます。
ホテルで有名な星野リゾートも八ヶ岳に施設があり宿泊者じゃなくても行けるプールがあります。
もちろん八ヶ岳は山もあり登山も出来ます。

だいたいの地図です。これは八ヶ岳にある清里高原です。


茶臼山と縞枯山をハイキングして絶景をみよう

今回私たちが行ったのは茶臼山と縞枯山
この2つは北八ヶ岳に位置します。
小淵沢か長坂のインターチェンジで降りて、メルヘン街道を北に向かいます。
その途中に麦草峠があります。そこには麦草ヒュッテという宿泊所とカフェ、お土産屋を兼ねた建物もあります。

私たちはそこに車を止めてハイキングに出かけることにしました。
でも、ここ麦草峠までバスで来ることも出来るので車をお持ちじゃない方も気軽に来れますよ。
バスご利用の方はこちらを参考に。
http://www.alpico.co.jp/access/suwa/

本当は6時頃東京を出て9時半頃には着くといいね、と言っていたけど出るのが遅くなったのと学校が夏休みに入ってすぐの週末だったためか道がすでに混んでいてちょっと遅くなったため10時過ぎに着きました。
そのころにはすでに駐車場がほぼ埋まってましたが、ヒュッテの人に聞いたら止まっていたバスの間に止めてもいいよ、とのこと。
しかも、止めるときにわざわざ後ろとか見てくれました。
ここは1000円払って1000円分の商品券をくれて何か買ってね、って感じのところ。それを駐車料金の代わりにしていました。
飲み物やおみやげ、なんでもOKです。
ただ、午後3時以降だったかな?カフェは終わりなのでおみやげのみになると言うことでした。
駐車場がいっぱいの場合は近くにも有料の駐車場はあります。
あと、近くに有名な白駒池という池があってそっちの方が人が多そうでした。
10時半の時点で専用駐車場は満車でした。
そちらは駐車場から歩いて15分くらい、麦草ヒュッテからも歩いて行ける範囲に白駒池はあります。
日本で一番高いところにある池らしいです。
池の側には山荘があったり、池を通って別の山に登るハイキングコースもあり人気のようです。
下記のリンクが観光協会の公式HPです。
https://yachiho-kogen.jp/article/shirakomanoike/

私たちは車を止め、すぐに出ればよかったのにお茶までしたため出たのは11時過ぎ…完全に時間が遅くなってました。

いよいよハイキング。
私たちは靴だけは登山靴でしたが、ほかは軽装。
お互いポシェットを持って水を持ち登りました。
入り口入ってすぐはこんな感じ。

お天気もよくとても緑がきれいでした。
はじめはなだらかな山道ですが、徐々に急に。

小さな岩が続きます。
運動不足気味の私たちははぁはぁと息を切らしながら登ります。
そして登った茶臼山の山頂はこんな感じ。

あら?なんだかいまいち達成感が…
でも、ここから先なんですよ!
歩いて10分くらい先にある茶臼山展望台がこちら

すてきですよねー。
ぐっと開けた展望にものすごい景色。
圧倒されます。
ここでしばらくのんびり。

このおじさんは私たちのあとから登ってきたんだけど、写真撮りたいのにゆっくり休んでいるので仕方なく入ってしまった・・・

その後に縞枯山を目指します。
途中にこんな景色が。映画とかゲームに出てきそうじゃないですか?

縞枯山は山頂の前に展望台が出てきましたー。
こちらの展望台はさっきとはがらりと違う様子で岩です。
そして見える景色も反対側なので違う。

でも、涼しくて気持ちよくて二人でのんびりしました。
そんなこんなで時間はもう14時半。
縞枯山に登ったら帰りが遅くなるのであきらめました。
そこから帰りは別ルートで帰ります。
それでも麦草ヒュッテに着いたのは15時半頃。
時間的には4時間ほどのハイキングでした。

ロープウェーで近道も!

実は私たちは歩いて登りましたがロープウェーで登る方法もあります。

行ったときもロープウェーで来ただろう親子を何組か見ました。
小学生くらいだったら行けそうですよ。
その場合は北八ヶ岳ロープウェーの乗り場まで車で行きましょう。駐車場は無料なので料金を気にすることはありません。
路線バスも通ってるので便利ですね。
バスの時刻表はこちら。
ロープウェーは大人(中学生以上)は往復1900円、子どもは950円です。片道の場合大人1000円、子ども500円です。
100人乗りのロープウェーに7分ほど乗れば山頂駅です。運行は20分間隔。最後の便は夕方17時前後なので山頂から帰る際に乗り遅れないように注意が必要です。
山頂には坪庭という40~50種類の高山植物が群生している場所があります。
ここを1周するのは30~40分くらいと手頃に周れますし周りには北八ヶ岳の山々を見ることも出来ます。
ロープウェーの山頂駅から縞枯山を通って展望台に来るのは片道1時間半くらい。結構岩があったりするので子供連れの場合は注意が必要ですね。
大人だけであれば時間に余裕を持ってくれば大丈夫かな、と思います。

苔の森

私たち、全然知らなかったのですが、八ヶ岳は苔で有名なようです。
特に今回はいかなかったけれど白駒の池の周りには400種類以上もの苔があるんだとか!
苔にそんな種類があることにびっくり。
実は、麦草峠にも苔を育てるキットなんてのがお土産として置いてあったり。
北八ヶ岳には苔の会、なるものがありその団体が苔の観察会、なんてのも行ってたりします。
とても興味深いです。
でも確かにきれいでした。

興味のある方はぜひ。私も興味はあるけどちょっと遠いのがな。
北八ヶ岳 苔の会

そんな北八ヶ岳のハイキング、とってもおススメです。
山登りほどつらくないし、話しながら登れます。
運動して汗かいて、きれいな空気を吸って景色を見る。
これから少し涼しくなるといっそう行きやすいかな。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。