Travel

チリ・サンティアゴ旅行ーストリートアートの街、バルパライソ⓶ー

今はチリの旅行について書いています。
今回はサンティアゴから車で2時間の場所にあるバルパライソについての第2弾。
下は、これまでのチリ・サンティアゴ旅行について

ホテルについて

バルパライソのホテル、おすすめは丘の上です。
特にコンセプシオンの丘周辺には多くのホテルがあります。
私たちが止まったホテルもその中の1つ、Gran Hotel Gervasoni(グランホテルゲルバソニ)というホテルでした。
2人でダブルの部屋で130ドルほどだったので1万5千円くらいかな?
口コミはかなり良かったし、2人で旅行なのでそんな安宿じゃなくてもいいかと決めました。
彼の友達がおすすめしていたところはFauna Valparaisoというホテルでしたがそこは満室だったので諦めました。
でも、このホテルもとてもよかったです。
予約は前日にagodaでしました。さすがに前日だと週末だったこともあって結構予約でいっぱいでしたね。

当日チェックインするとウェルカムドリンクももらえました。

この、右側に見える黄色い建物がホテルです。
そして、チェックインする受付の隣のロビーみたいなところ。

結構素敵じゃないですか?
レストランはテラスみたいになっていて、とってもおしゃれな感じだし、中はちょっと迷路みたいでしたけど。

外国のホテルなので、お風呂はシャワーのみ、バストイレは同じでした。
ちょっとレトロなカギ。

夜ご飯は着いていませんが、朝ご飯はブッフェ形式で付いてました。
まぁ、ごくごく一般的なコンチネンタルブレックファストって感じでした。

このホテルは結構おススメですが、この辺りの丘の上のホテルは多分、いい感じのホテルが多い気がします。
ゲストハウスもかなりの数があったので安さを重視する方はゲストハウスもありだと思います。


レストラン

さて、次はレストランです。
私たちが行ったレストラン、とてもよかったのでおススメ。
ホテルのすぐ近くにあるLa Concepcionというレストランです。
他にも周りにはたくさんレストランがあったしどこもおいしそうでした。
このレストランは創作料理って感じでしたね。
私たちは結構遅めに行ったので20時半頃だったんですが、予約で埋まっている席がほとんど。
外にある眺めのいい席はすべて予約で埋まっていて、まだ来てない、と。
さすがチリ人、食べるのが遅い!
ここのメニューはどれもおいしかったし、2階の席に通してもらったら眺めもすごくよくて
私たち大満足!


料理がね、こんな風に中身わからず出てくるわけです。
で、これはツナに両面ゴマをつけて焼いて、下の黄色いのはトウモロコシ、下のソースはパッションフルーツのソース。絶品、でした。
他のものも全部おいしくて。
おススメですよ。
お値段はそれなりにしましたね。
この辺りはバルパライソの中でも1番の観光地なので観光地価格ですね。
前述のFauna Valparaisoのレストランも勧められたんですが予約でいっぱいで行けず、残念でした。

あと、レストランではないですが、おすすめジェラート屋さん。


EMPORIO LA ROSAというお店。
ちょうど、私たちが泊まる予定の宿に行く途中にあったので寄りました。
じつは、地球の歩き方に書いてありました。
本当にオススメ。
イタリアで食べたジェラートにも似たさっぱりとしたおいしさ。
バルパライソだけではなくてサンティアゴにも2店舗あるので探してみてくださいね。
カフェになっていて、コーヒーなども飲むことができます。

グラフィックアート

ちょっとここからは写真メインでお目当てのグラフィックアートを。
夫が今まで行った中でこんなに町中がグラフィックアートでいっぱいなのは初めてかも、と言っていたくらいあちこちにあって楽しかったです。
いろんなデザイン、絵柄のグラフィックアートがありました。





他にも街中のいたるところにあります。
かっこいい柄から、独創的な物、外国のアニメっぽい絵やグラフィック的な物。
アートが好きな人には絶対にオススメの街。
ただ1つ残念なこと。チリって野良犬がすごーく多い国なんです。この辺りの都市部だけかもしれないけど。
サンティアゴは結構掃除してる人がたくさんあるからいいんだけど、このバルパライソ、犬のふんが至る所に
しかも、朝行動したんですがあちこちにあって踏みそうに。
それだけは注意ですね。

それから、この町独特の交通の要。
前回にも説明したアセンソールはこんな形です。

この左上にあるの見えますか?これがアセンソールです。


乗っているときはこんな感じで上がっていきます。そんな長くはないのですぐにつきます。
ちなみに、上がっていく仕組みは下の写真の感じですね。
料金は1回100チリペソ。13円くらいかな?
ちょっと怖いけど、大丈夫でした。

バブリッツァ宮殿

私がすごーく行きたかったバブリッツァ宮殿、とってもきれいだったのでちょっとだけ。
外観はこんな感じでヨーロピアンな感じ。

クロアチアの貿易商「パスカル・バブリッツァ」の邸宅だったらしいです。1971年から美術館として一般公開されており、彼が集めた名画のコレクションが展示されています。
中にあるインテリアなんかもとってもおしゃれで素敵でした。

今回はバルパライソについてお話ししました。
グラフィックアートの街としてとってもおススメ。
街全体が世界遺産になっています。
コンセプションの丘、アレグロの丘辺りは夜でも出歩いて平気でした。
でも、夜はお店もしまっちゃうし、あんまりやることはないかも。
でも、レストランは遅くまで空いてるし、いいかな。
時間がない人には日帰りでツアーもお勧めです。
時間がある方は2泊3日くらいだとゆっくり楽しめると思います。
実は、コンセプションの丘辺りにはおしゃれな雑貨屋さんがたくさん!
私たち、今回は結構遅くにホテルついて、翌日の予定のためお昼前には出なくちゃいけなくて全然見れなかったのが残念でした。
雑貨屋さんめぐりだけでも午後の時間とか取れそうです。
かわいい絵とか、雑貨、文房具やアクセサリーなど色々ありました。
次回はまたサンティアゴに戻ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。