Travel

チリ・サンティアゴ旅行ー観光地ー

前回はチリの基本情報について書きました。
チリ・サンティアゴ旅行ーチリの基本情報ー
今回は主な観光地を紹介したいと思います。
ちなみに、私はいつもだけどベタに地球の歩き方とかに載ってる観光地を回るのが好きです。

アルマス広場・大聖堂・郵便局

やっぱりスペイン系の国は広場が基本です。
スペインをはじめ、メキシコなどのもともとスペインの植民地であった場所は旧市街の中心に広場があり、そこが中心となっていることが多いです。観光案内所や両替所などがあったり、レストランやお土産屋も多くあったりします。

さて、そんなアルマス広場、スペイン語ではPlaza de Armasです。
今日の記事の一番上の写真がそのアルマス広場です。
独立記念碑や、サンティアゴ市の基礎を築いたペドロ・デ・バルディビアの騎馬像があったりします。
また、その周囲には大聖堂や郵便局があります。
私は結構教会とか見て回るのが好きなので、今回も見たいと言ってみることに。
大聖堂はあちこちにありますが、このサンティアゴ大聖堂もチリのカトリックの総本山でもあるとのこと。
日本でもお寺の総本山ってありますよね。
かなり、大きな建物です。

外観もとてもきれいなのだけど、中もとってもきれいです。

中南米は基本的にカトリックの信者が多く、熱心な人が多いイメージです。
朝の10時から夜20時まで空いていて、無休。もちろんお金はかかりません。

その隣には郵便局が。この郵便局、建物がものすごくきれいです。

19世紀半ばまでは政府の重要な建物だったらしい。
ただ、中に入ると外とは全く違って簡素でちょっとがっかり、でした。
外では露店で色々なはがきが売ってるので、エアメールで家族や友達にはがきを出すのも面白いかもしれないですね。
ただ、日本にいつ着くのかはやったことないのでわかりません。
ちなみに、ブラジルからはがきを出すと3か月くらいかかったこともあると聞いたことがあります。

中央市場


中央市場って私大好きです。
アルマス広場から歩行者天国であるアウマダ通りを北に歩くと5分もたたずに中央市場があります。
チリのサンティアゴの中央市場はほとんどが海産物でした。
日本の築地みたいな感じです。
下が濡れてたりするので靴のほうがいいかもしれません。
見たことないような魚もあれば、日本でも見るなーってのもあったり、見るのは楽しいです。
中にはレストランがたくさん入っていて、なかでもドンデ・アウグスト(Donde Augusto)はかなり大きいレストランです。

実は平日の12時頃に行ったんですが、まったく食べてる人がいなくてちょっとだけ観光客が食べてるかなーって感じだったんですが、14時頃に行くと人がたくさんいるみたい。あとは、週末は人が多かったです。
外に出るとフルーツが露店でたっくさん売られてました。
ブルーベリー1キロで500円くらい!アメリカンチェリーとか1キロで350円くらい!めちゃ安いですよねー。
タイミングのがして買えなかったけど、別で買ったイチゴやブルーベリー、アメリカンチェリーなどすべておいしかったです。
あと、おすすめはアボカド。日本でしかアボカド食べたことない人はぜひ食べてほしいと思うくらいおいしいアボカドでした。
日本のアボカドってホントに味が薄いなぁと改めて残念に思います。
チリ人はアボカドをたくさん食べるらしい。毎日食べるくらいの勢いだとか。
ちなみに中央市場の北にベガ市場(Mercado Vega)もあるそうで、そちらは野菜や肉が大量にあるそうです。
こっちにもほんとは足を延ばしたかった!

サンタ・ルシアの丘


こちらはアルマス広場から東に5,6ブロック歩くと着きます。
サンティアゴの基礎を築いたスペイン人征服者が抵抗する先住民に備えるために設けた要塞がこのサンタ・ルシアの丘です。
私たちはどちらかというと裏から回ってきた感じ。表に来るととてもきれいな建物があります。
ちなみに、西側のサンタ・ルシア通りにエレベーターがあると地球の歩き方に書いてありましたが故障中なのか使えませんでした。
頂上は展望台のようになっていて、石段を上ると市街が一望できます。

この景色見て思ったより都会!って思った人います?私は実際に行ってそう思いました。
初夏ですが、歩いてると日差しも強く30度くらいあってとても暑かったのだけど、頂上に登ると風が涼しくてとても気持ちよかったです。
観光名所のため次から次に人が登ってきますが、まだまだ観光客の少ないチリはそれでも十分それぞれがゆったりできる感じです。

スカイ・コスタネラ

こちらは高さ300mで南米で一番高いビルであるグラン・トーレ・サンティアゴの屋上部分にできた展望台です。
展望台への一口はビルに隣接するショッピングモール、コスタネラ・センターの地下1階です。チケットを購入し、高速エレベーターで61階まで登れます。
展望台は2層になっています。
実は、私たちはコスタネラ・センターにはいきましたが、このスカイ・コスタネラには登りませんでした。
サンタ・ルシアの丘で結構満足したからです。
行ったけど写真がなくてごめんなさい。

サン・クリストバルの丘

こちらは旧市街の北東に位置する自然公園です。

これ、前出のサンタ・ルシアの展望台からの景色なんだけど、この左に写ってる小高い丘です。
片側からはケーブル鉄道、片側からはロープウェーで登れます。
徒歩や自転車でも行けるように整備されています。
旧市街の中心からだと歩いて20分くらいでケーブル鉄道の入り口まで行くこともできますよ。
サンタ・ルシアの丘登ったし行かなくてもいいかなー、とも思ったんだけどやっぱり行きたいなーって思って登りました。
観光客もかなり多く、観光バスも下の駐車場にはたくさん停まってました。
ケーブルカーとロープウェーの片道分セットを購入で400円くらいだったかな。
でも、曜日によっても変わるみたいです。他の国に比べるととっても安い!
ケーブルカーとかロープウェーとか結構高いですよね。

これはケーブル鉄道の入り口。写ってたので星で消しちゃいました。
でも、ケーブル鉄道は正直大丈夫かなーってちょっと心配になったりして。
なんか、結構急勾配だったし、チリの機械的なのって信じてもいいのかがちょっと不安でした。
まぁ、何にも起こりませんでしたけど。
上に登って景色なんですが、正直きれいとはいいがたい。。。
実は、サンティアゴってスモッグがすごいんです。遠くの空が茶色い。眺めもちょっと白っぽい。
燃料の質や古い車が多いためただでさえスモッグが出るのに、サンティアゴの地形が山に囲まれた盆地になっているためそのスモッグがたまってしまうんですねー。
なので、きれいはきれいだけど、空気汚いなーって感じも否めません。。。
頂上にはマリア像があり、その下は野外ステージがあって、椅子が並んでいます。


この、地上と空の間の黄色というかオレンジのスモッグの色、わかります?

マリア像の下はとてもきれいで、頂上はちょっとしかスペースないんだけど人がいっぱい座って休憩してました。
そしてそこに一緒にいたのが犬!チリって野良犬が結構多くてびっくりしたんだけど、その野良犬が狭いスペース陣取って寝てました。
チリの野良犬は人が来てもなんのその、まったく吠えたり甘えてくる様子はなくとにかく寝てる犬が多い。そして大きい犬が多いです。種類に詳しくないのでわからなかったけれど。
観光途中で車がたくさん来てるのに犬が道路渡ってて何とかひかれずに渡りきってました。
そして、頂上からは反対側にロープウェーで降ります。ロープウェーは2段階になっていて、途中から歩いたりすることもできます。結構歩いたり自転車で登っている人たちもいました。

下の方にはアスレチックもあってたくさん子供たちが遊んでました。
ロープウェーの景色はすごくきれいだったのでお勧めですよ。
ロープウェーを降りると住宅街に出ます。そこから10分ほど歩くと新市街でオフィス街に出ます。
こちらは旧市街とは全く違った景色が見られます。かなり都会でした。

La Chascona


ここは何かというと、パブロ・ネルーダという人の持ち家の1つで美術館になっています。
チリでノーベル賞を取った人は2人いるらしいですが、彼はそのうちの1人です。
詩人でありノーベル文学賞を取ったそうです。もう亡くなっています。
ただ、もともと彼は外交官であり、その後政治家になっており、政治家でありながら詩人でもあったそうです。
サンティアゴ周辺に4つの家があり、そのすべてが美術館となっています。
私たちも全く知らなかったのだけど、チリのなかではかなり有名な人らしくどうかなーと思いながら行きましたがとても面白かったです。
スピーカーのガイドはスペイン語か英語で、私は時々夫に聞きながら進みました。
美術館って好みがわかれるからすべての人にオススメはしないけど、キッチン、ダイニング、リビング、バスルームなどなど見ることができて、色々な美術品が置いてありました。
私と夫はとても楽しんだし、彼のことはとても興味深いと思いました。
地球の歩き方には載ってないし、今まであまり見なかったので日本人は少ないんじゃないかな?
でも、文学とか政治、インテリア、美術が好きな人にはお勧めです。
他の3つの家もよさそうでした。

私たちが観光したのはこのくらいですが、サンティアゴ市内にはたくさんの美術館があり、私たちが1つも行かなかったのはちょっと残念でした。
まぁ、結婚式があったり、観光、お土産などなどがあったので。
私1人だったらとにかく観光しまくるけど夫と一緒だったのもあって朝の行動開始が遅かったし、どこかでカフェで一休みしたりして。
ちなみに中央駅はフランス・パリのエッフェル塔を設計したエッフェルが設計したそうです。
ちょっと見てみたかったなー。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。