Travel

登山の勧め~初心者向け、鳳凰三山~

さて、この夏登山に行ってきました。
人生で2度目の登山です。初めての登山は去年。
夫と夫のお父さんと3人でした。
この時はロープウェイで2600Kmまで上がり、そこから少し登っただけでした。
鎖の付いた岩場も登ったけど、時間的にはそこまでではなかったです。
行った山は木曽駒ケ岳、鎖場は宝剣山という山でした。1泊2日で。
でも、今回は2泊3日。本格的な感じ。
ルートはお任せで鳳凰三山という初心者用のルートとのこと。でも、3つもの山を縦走なんて私にできるの?って。
ちょっと運動を怠っていたので内心ドキドキでしたがとても楽しかったです。
もともと学生のころから短距離よりも長距離のほうが好きだった私、持久力にはまずまず自信があります。
今回はそんな登山のおすすめです。


鳳凰三山ってどこ?


地図は地蔵岳になります。
鳳凰三山は山梨県にある南アルプス市にあります。
南アルプスにある山々です。
鳳凰三山とは薬師岳、観音岳、地蔵岳の3つを合わせたものです。
このルートは日本で2番目に高い北岳を眺めながらの登山になります。

今回のルートと日程

さて、私は超初心者、夫も初心者、夫のお父さんは昔はかなりの山を登った人ですがそれなりのお年です。
まぁ、私たちよりも運動をしているので鍛えられてはいますが。
だいたい普通の人は1泊2日のコースだったりします。
コースにもよりますが、目安は11時間から13時間くらい、1日7,8時間くらいかな。
私たちはそこを2泊3日としました。
まぁ、無理のないペースで楽しむために。

日程ですが、
1日目 夜中1時頃都内出発。真夜中の道を南アルプス市の芦安温泉の駐車場まで行きます。
この駐車場すぐそばから広河原行きのバスが出ているので、その途中夜叉神峠登山口で降り、そこから登山開始。
1日目は山にはたどり着かずに南御室小屋に泊まり。
2日目 朝の6時7時頃出発し、この日は3つの山を縦走。地蔵岳からちょっと降りた鳳凰小屋が宿泊場所。
3日目 最終日、朝6時頃出発し、高峰、白鳳峠を通って、そこから広河原に降ります。

だいたい毎日朝5時過ぎに起きて、6時過ぎに出発、お昼の12時前には山小屋に着くというペースでした。

登山道具、装備など

私は超初心者、夫は初心者みたいなもの。
ですが、とりあえず靴はきちんとした登山用の靴がいいだろうってことで去年初めて山登りした際に買いました。
新宿のヴィクトリアってスポーツ用品店の登山用フロアに行ってみました。
ぜんっぜんわからないので店員のお姉さんに聞いてよさそうでセールになっていたものを購入。
ちなみに、私のと彼のとこんな感じ。お互いゴアテックス仕様。


登山用の靴は主に3種類に分かれていて、かなり本格的な登山靴、中間用、ハイキング用、みたいな感じ。
わからない人はお店に行って店員さんに聞くのがおすすめ。履き方も教えてくれるし、登山靴用の靴下も買うとなおよし!
リュックは昔登山用ではないけれど旅行用に買ったアウトドア用があったのでそれを使用、レインカバーも持ってました。
そして、服ですがほぼジムに行くような格好で登ってます(笑)
基本暑がりで汗っかきなので、ナイキやユニクロなどのDRY FITやタンクトップにブラパッドがついたようなジム用のものにTシャツとか、薄いパーカー、下もピタッとしたのは苦手なのでちょっと緩めで7分から8分丈くらいのパンツです。
彼のお父さんは基本Tシャツに短パン、彼もTシャツに下はスパッツに短パンを重ねてる感じです。
靴下は靴を買ったときに登山用の靴下を2足買ったのでそれを使ってます。
ただ、登山中にもし雨が降った場合のレインウエアは必須なので、それだけは買い足しました。
snow peakに行って、上下セットの防水のアウターを購入。
私たちは基本テント泊はせずに山小屋泊なのでそれ以上は必要なし。
でも、1つ登山用のガスバーナーはありますね。彼の家族が持ってるので毎回借りてる感じです。
服装やリュックはみんな様々。結構重ね着してる人が多いかな。雑誌に載ってるような格好をしている人も多く見ます。
あとは、スティック持ってる人も結構見ます。
最近流行りのトレイルランニング、略してトレランの方々はもっと軽い格好ですね。リュックも小さくて荷物も少ない。そして早い!

今は登山道具もレンタルできる時代なのでそういうのもありかもしれませんね。
こちらのリンクはレンタル専用の。


1日目

ここからは軽く日程の詳細。
1日目は夜中の1時過ぎに都内を出ました。
夫のお父さんが運転を買って出くれたので、彼は助手席で、私は後部座席で寝てました。
遠慮がない嫁で…まぁうまくやっていけてるのでいいんです。
ちょっと目が覚めるとスピードが結構、夜で暗いしちょっと怖い、と思いながら眠りに再度つきました。
芦安温泉の駐車場には4時前に着いた感じ。お盆時期に行ったので周りには結構車が止まってます。
1時間くらいゆっくりしながら準備して、5時頃にはバス停へ。少し待つとバスがやってきます。
3台一気に来て、結構たくさんの人が乗り込みましたが去年の木曽駒ケ岳の時のほうがすごい人数だったな
これで20分くらい乗ると夜叉神峠登山口に着くのですが、山道すごくて酔いそうになりました。
ただ、このバスは広河原まで行くのでここで降りたのは私たちだけ。みんな広河原まで行って北岳に登るようですね。

トイレ行ったり、靴紐しめたり準備して、いざ登山開始!
はじめは林の中って感じで景色も正直そんな…鳥の声はさわやかだったかな。
そうやって登って1時間くらい、夜叉神峠に到着。
お天気がイマイチだったこの日、雲が多かったです。

彼は前日友達と海に行って飲んで帰って来たため、二日酔いが抜けずに来てかなり辛そうでした。
1日目、途中で引き返すかと思ったほどです。
登山の前日は身体のコンディションを整え、早くに寝ましょう

ひたすら林の中を進み、たまに視界が開けるのだけど周りは雲で全然景色も見えず。
途中休み休み南御室小屋を目指します。
私たちは彼の体調不良もあり結構遅めのスペース
でも、お昼前には南御室山荘に着きました。
山小屋に着く前にほんのちょっとだけ雨が降り、初めてレインウエアを装着!
暑かった、雨ははじいてくれたのでよかったけど。しかも、雨もほんのちょっとで止んでくれたので助かりました。
山小屋はこんな感じ。

なかなか味のある感じです。
今回は2泊ともシャワーなしです。水場はあります。常に山水が出ていてすごく気持ちよかったです。トイレは仮設だけどあります。
山小屋は昔に比べたらかなりきれいになったらしいけど、下界と比べてはいけません。
小屋の中は結構小ぎれい、でも布団はちょっと…と私は思ってしまいました。
今回髪はショートだったので、冷たい山水そのまま頭からかぶってちょっと洗いました。
身体はボディシートを持って行き、拭きました。
彼はごみはすべて持ち帰らなくてはいけないから、タオルを水で濡らして拭いてました。
この山小屋、珍しくちょっとだけ個室みたいになっていて、私たちは3人用の部屋でした。
なので、部屋で着替えとかできてありがたかったです。
山のきれいな花。


この日は着いて、持ってきたご飯を食べてお茶を飲んでみんな昼寝(笑)
お義父さんは夜中から運転をしてくれたし、彼は二日酔いだったし。私はいつでも寝れる人なので。
ちょっと一休みした後晴れてたので辻山まで行ってみることに。
歩くこと40分くらいで山頂に着き、展望台。本日一の景色。

終わって帰って来て、着替えたりして、夕方5時半から食事です。
山小屋では基本夕方5時半、朝5時半くらいに食事が当たり前。暗くなる8時頃には就寝となります。
この山小屋のご飯がおいしかった!なんとシチュー、しかもパスタが中に入ってる!

ご飯とみそ汁がおいしくて、3杯ずつくらいお替りしたかも!
とってもおいしいご飯だった―。
ご飯のあとは山小屋においてある雑誌とか見て、消灯8時ぎりぎりまで起きてました。
その日はあいにく曇り空で星は全然見れず。

長くなったので、続きは次に。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。