Travel

海、空、自然のあるマウイ島

日本人なら誰もが憧れるリゾート地、ハワイ。
いつでも行きたい場所の1つ。
そんなハワイといえばオアフ島が一般的ですが、今回はマウイ島を紹介したいと思います。
まだまだコロナ渦で海外旅行なんてまだまだだけど、気持ちだけでも。


マウイ島ってどこ?どうやっていくの?


まずは簡単にマウイ島の概要から。
マウイ島はハワイ州の島の1つです。
ハワイの中では2番目に大きい島で、愛称はマジックアイランド
人口はハワイの中でオアフ島、ハワイ島に次いで3番目に多い島です。
実は、マウイ島の中西部の港町ラハイナはかつてのハワイ王朝の首都だった古都で知られています。

ハワイは世界からの観光客が訪れる場所ですが、マウイ島の観光客のほとんどはアメリカ国内とカナダからになります。
そのため、オアフ島はかなり日本語が通じますし、日本人好みの店も多いですが、マウイ島はほぼ通じません。

そんなマウイ島に日本から行くには直行便がないため、まずホノルルに向かいます。
ホノルルからさらに飛行機でマウイ島へ。
その飛行機は結構小さくてこんな感じでした。訳40分程度の空の旅。
でも、背中のパイナップルがかわいい。

そんなマウイ島。実はオアフ島とはまた違った魅力でいっぱいです。
オアフ島は世界的な一大リゾート地。
高級リゾートホテルが並び、海には人が多く、免税店での買い物。
マウイ島はというと、もちろん高級リゾートホテルが並ぶビーチもあるけれど、昔ながらの港町や田舎町もあります。
また、日の出、夕日で有名なハレアカラは国立公園であり、山頂の大気の透明度や乾燥度の高さ、気圧、光害の少なさなどから天文台が置かれ天文観測が行われていたり、アメリカ空軍にも運用されています。

ハレアカラ国立公園

マウイ島に行ったらぜひ立ち寄ってほしいのがこのハレアカラ国立公園
ハレアカラはハワイ語で太陽の家という意味を持ち、マウイ島のシンボル的な山。
標高3055メートルの世界最大級の休火山です。

このハレアカラ山頂からの日の出、夕日がとても有名です。
このハレアカラの山頂には展望台があり、道路の舗装もされているので山頂までレンタカーで行くことができます。
ただ、周辺が国立公園に指定されているため許可証が必要になります。
許可証の取得はこちらのページから。
60日前から入手可能で、チケットは1人1枚、3日間有効です。許可証には枚数に制限があるので早めの予約がおすすめです。
ただ、2日前の午前7時からラストミニッツチケットというチケットが枚数限定で発売されるのでこちらで買うこともできます。
ちなみに、入場料は2020年1月から車は30ドル、バイクは25ドル、歩行者、自転車は15ドルです。
私は夕日を見に行きましたがとてもきれいで、感動するものだったので本当におすすめしたいです。
雲海が下に見えて、雲の中に沈む太陽を見ました。

街歩き

ラハイナ

空港から車で40分程度の場所にあるラハイナは前述の通り古都です。
日本の京都と同じように多くの観光客が訪れます。
メインストリートにはおしゃれなお店やカフェが立ち並び、レストランも数多くあります。
お土産を買うのもおすすめ。
ぜひ、街歩きを楽しんでほしいです。

パイア

空港から車で15分、海の近くにある街パイア。
ここは70年代にサーファーやヒッピーが集まってきた街であり、ロハス・タウンとして人気です。
メインストリートは小さめで、歩いて散策できます。
サーファーっぽいおしゃれな雑貨やアパレル店、カフェなどが立ち並んでいます。
エコな商品も多く、少しお値段は張りますがお土産にもおすすめです。

ワイルク

空港から車で10分程度にあるまち、ワイルクはマウイの郡庁があるマウイ島の経済や政治の中心地です。
レトロな建物、ノスタルジックな雰囲気が魅力的。
メインストリートには個性的なショップ、カフェ、レストランが点在しています。


やっぱりビーチ


マウイ島もハワイにある島、もちろんビーチはたくさんあるしとてもきれいです。
ぜひ1度は海に行って楽しみたい。

カアナパリビーチ

マウイ島西部にあり白い砂浜が4.8Km続くこのビーチ、全米のベストビーチにも数多く選ばれています。
このカアナパリビーチには高級リゾートホテルが立ち並ぶリゾート地となっています。
このビーチには遊歩道があり散策もできるのでお勧めです。

マケナビーチ

マウイ島の南部に位置するこのビーチはオレンジと白の混ざり合った砂に覆われており、透明度の高い青い海が広がっています。
サンゴも生息しています。

カパルアビーチ

マウイで最も美しいビーチの1つと言われるカパルアビーチ。
こじんまりしたビーチですが、海の色がきれいで砂が細かく波が穏やかなビーチです。
全米一美しいビーチに選ばれたこともある場所です。

他にもマウイ島には、イアオ渓谷州立公園のハイキングマウイ・トロピカル・プランテーションでのトロリーツアーやジップラインなどのアクテビティ、クラのラベンダーファームワインツアー、天国の町と言われるハナへ続くハナ・ハイウエイのドライブなどさまざま楽しみ方があります。
日程が許す人はちょっと足を延ばしてモロキニ島へ行くツアーへ参加してみるのもいいですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。