Travel

モロッコ最後の夜

さて、

軽いハイキングに行ったあと

彼のお店に戻り

今日は一緒にタジン鍋を作ろうということで買い物に

現地の人ばかりのマーケットに行って

野菜とか肉とかスパイスとか買って

お店に戻ります

実はお店の奥に小さい部屋があって小さいキッチンとソファなんかあって寝る場所もあるんです!

そこで一緒に料理

する前に、ちょっと時間があったのでお店の中を見てて絨毯、小さい玄関用くらいのだけど買いました。

とてもかわいく私が一目惚れ

安くしてくれました

あとはブレスレットとかちょこっとプラスで

カバンとか照明とかとっても素敵だったけどあきらめました。

絨毯もすごーく小さくしてくれて

家に帰るまであけちゃだめだよ、家に帰ったら開けて、そしたら守ってくれるから、って

ちょっとしたお守りみたいな感じ

そしていったん買った物を置いたり、お金を持ってくるためにホテルに戻り

そのあと戻ってから一緒にご飯作りました

野菜切ったりとか言われるままにやって

タジン鍋に入れてモロッコのあちこちで売ってる30種類くらいのスパイス混ぜたスパイスを入れて

焼く?煮る?

いい頃合いを待ちながら彼らが持ってるワインをあけてくれました

モロッコ産の赤ワイン

すごいおいしいよーって言われたけど私的にはちょっと渋かったかな…

彼らは自由なベルベル人なので

イスラム教でもなければお酒も飲む感じ

つまみはオリーブだった気がする

実はオリーブは結構苦手な物だったけど今回の旅では積極的に克服したい気持ちがあって結構食べてたら

まぁまぁ食べれるように

食べれるけどちょっと苦手、ってくらいには克服

モロッコの30種類のスパイスはすごい欲しかったんだけど先がまだまだ長いのと

ミントティーを買ってしまったので断念しました

そうこうしてるうちにタジンが出来てみんなで囲む

いつものモロッコで食べるパンと一緒に

みんな手でそのまま食べる、ので私も真似して食べる

基本的にはちぎったパンでタジン鍋から肉とか野菜をとって食べる感じ

すごい美味しかった!

やっぱり人と食べるご飯はおいしい

しかも、一緒に作ったのは尚おいしい

いっぱいしゃべって、お酒は程々に

最後に、今回彼らにお世話になったのでハイキング連れてってくれたりご飯ごちそうになったのでいくら払ったらいいかな?ってきいて

300DH払いました。それだけでいいの?助かる!と思いながら。

でも、そのお店でお買い物800DHくらいしたからまぁいいか、と。

まぁ別で寝泊まりはしてたけどあとはほとんどお世話になったようなものだから私的には安いくらいだった

本当に楽しかったんです

シャフシャウエンの思い出は正直青い町と彼らとの時間です

マーケットの様子も、作っていた写真も、出来上がったタジン鍋も

何にも写真に撮ってなかった、残念過ぎる!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。