Woman

初めての妊娠と流産の宣告

みなさん、流産ってどのくらいの確率で起こると思いますか?
私が初めて流産について調べたのは妊娠した時でした。
実は、10人に1人以上の妊婦さんが流産するらしいです。結構衝撃。
私はそれまで流産した人の話をほとんど聞いたことがなかったし、周りにいないと思っていたのでびっくりでした。
ほとんどは妊娠初期、赤ちゃんの染色体異常らしいです。
ただ、1,2度の流産ではその後できにくいとか、子供が生まれにくいということはないらしいです。
今回はそんな流産を経験した私の話です。今妊娠してて心配な方、流産って言われてどうしようって心配な方の参考になればいいな、と思って書きます。

はじめての妊娠

私は35歳になる直前に結婚しました。
結婚する前からピルを飲んで避妊をしており、結婚後新婚旅行や海外旅行があったので、その旅行にかからないように計算して、6月までピルを飲んで、妊娠を望んでいたのでそのあと辞めました。
若いころにはもっと早くに結婚して子供を産む予定だったんだけど、人生なかなかうまくいきません。
その分自由に生きてきたから後悔はしてないけれど。

私は35歳まで一回も妊娠したことなくて、ある意味妊娠できるのか自分の体にちょっと自信がなかったりしました。
今は不妊治療をする人も増えているし、自分がそっちに入るかもしれない可能性、かなり考えてました。
妊娠、出産するには高齢になって来ているのももちろん感じていたし。
同じ年代の友達で実は中絶したことがある、っていう友達も1人や2人じゃなかった。

そして夏の終わり、自分の体調に違和感を覚えました。
基礎体温ははかっていて、生理の日にちも付けていたのでもしかしたら妊娠かも。。。と思いはしたものの。
もともと生理不順で35から42日周期の私。あまり気にせずにいました。
さすがに42日を過ぎたあたりからこれはそうかもしれない、と思いだしました。
気付けば基礎体温も上がって来て、平均37度くらい。常に体が熱くて体熱感を感じてました。
やたら眠いのと、つわりっぽい常に車酔い、みたいな胃の感覚。そして、普段は甘いもの大好きなのになぜか塩辛いものが無性に食べたいと感じる。そして、トイレが近かった。
ただ、友達とご飯食べに行く約束をしていたので、検査をしたのは前回の生理から7週間がたってから。市販の妊娠検査薬で調べて、思った通り陽性。
実は、私子供大好きでほしいと思っていましたが、まだ遊びたい思いもあり始めはちょっと戸惑ってました。もちろんうれしかったけど、戸惑い半分、って感じ。
夫は、もっと戸惑いのほうが大きい印象。
お互い避妊はしてなかったし、いつ子供出来てもいい、とは思っていたものの。
思っていた以上にお互い心の準備は出来てませんでした。

妊娠から流産がわかるまで

とりあえず、もともとピルをもらっていた病院に行って妊娠確定診断をしてもらいました。
そのクリニックは産科は扱っていないのでお産は出来ない、ということで紹介状をもらいました。
今、あちこちにレディースクリニックがあるけれどお産を扱っている病院は本当に少ないです。
みんな、婦人科検診、診察や私のようにピルの処方、あとは不妊治療などなんだろうなぁと思います。
なので、今後見てもらう病院を探して選ぶのがちょっと大変でした。

産婦人科探し

探したところ、近くにはどうやら4つくらい病院があるらしい。
ただ、そのうちの3つは総合病院。
私はなんとなく総合病院はいやだったので、残る1つのクリニックに行くことにしました。
もちろん、病院のHP見たり、ネットで口コミ見たりしました。
総合病院の一つは無痛分娩にも対応しているようで、無痛分娩を希望する人はその病院に来るようでした。
ただ、私はクリニックで1人のお医者さんに診てもらうのがいいなぁと漠然と思ってました。
今まで総合病院で働いてきたのでなんとなく総合病院についてはわかります。
同じ曜日じゃないと診察するのは同じ医師じゃないし、なんとなくだけどいやだったんです。
1つだけあったクリニックは患者さんに寄り添う感じがHPから見てとれたし、先生に対しても口コミは色々だったけど通っていけばいい先生だ、ということがわかるような口コミが多かったです。
また、お産のスタイルも選べるようでした。

産婦人科探しって結構大変だな、って私は自分の経験から思います。
初めてのことだし自分がどんなお産を望んでいるのかって結構難しいと思います。
しかも、選択肢はそんなに多くない。
結局、自分が何を優先するかだと思います。
基本的に同じ先生にずっと見てもらって取り上げてもらいたい、クリニックのほうがアットホームなイメージがあります。
もっとこだわりたい、色々な希望がある人は助産院という選択肢もあります。ただ、病院、クリニックよりさらに数は少ないです。
総合病院は何より安心感。曜日に都合がつくなら同じ先生に診てもらえます。ただ、お産はその時に対応する先生が順番で回っているはずなのでどの先生になるかはわからないと思います。
もし、もともと何かしらの病気を持っている人は総合病院、特に周産期センターのような施設のある大きな病院をお勧めします。もちろん病気が何か、程度にもよりますが。
助産院やクリニックは妊娠の途中で何か問題があったり、出産の際に何か問題があるとそこでは対応しきれません。あくまで健康な妊娠・出産に対応している場所です。そのため、何か問題があった際には総合病院に行ってくださいね、という形になると思います。

何はともあれ、できるだけ自分に合った場所を選ぶのがいいと思います。
それぞれ、何を優先するかは違います。一概に総合病院はダメ、クリニックはダメ、というものではないと思います。

診察経緯

妊娠確定診断をしてもらって、探して決めたクリニックに診察に。
先生は口コミにあった通り、愛想がない感じ。話し方もちょっと小声でわかりづらい。
でも、説明はちゃんとしてくれました。私の中では口コミも読んでいたし、想定内。
超音波で赤ちゃんを見て、ドップラーで赤ちゃんの心音も聞かせてくれました。
とりあえず正常で安心。
夫にもエコーの写真見せて、心音も聞いたよって言ったら「そんなの聞けるの?自分も聞きたい」と。
お互い徐々に実感わいてきて、楽しみになっていました。
異常な眠気とトイレが近いのは一時的なものだったのか収まってました。
軽いつわりと体熱感は相変わらずでした。
2回目の診察は夫と一緒に行って、エコーで見て、心音も聞いて。なんだか手とか足とかわかるようになってきてました。この時点で9週。
夫も実感がわいてきたみたいでした。その日、母子手帳を取りに行き、いよいよ実感がわいてきました。
母子手帳入れが欲しいなーと思い買って、エコー写真を貼れるアルバムも欲しいな、とあちこち見て買い、アルバムにエコー写真を貼っていきました。
だけどまだ、お互いの両親にも言わず、友達にもほとんど言わず、職場にも言ってませんでした。
近々お互いの両親と一緒に会う予定があったのでその時に言おうと話していました。
そして、11週。
その日は私一人で行って、先に採血をして、乳がん検診も先生ができるとのことで触診とエコーをしてもらい問題ないとのことでした。
いよいよ、エコーで赤ちゃんを見ると、なかなか先生から声がかからずなんだか長いなーと思っていると、「心臓が動いてません」と。急いで、膣からもプローブ入れて超音波で見たけどやっぱり動いていない、とのこと。
念のため1週間後にもう一回見ましょう、と。

ポーカーフェイス、得意なので泣き出すこともなく淡々と聞いてましたが心の中ではうまく受け止められずにうそ!と思ってました。
それまでも全く変化はなかったんです。下腹部の痛みは妊娠当初からたまに軽いのがあって、そんな強いのはなかったし、もちろん出血もなかった。つわりなんかの症状も続いてた。
途中で夫にメールで伝え、夜会って伝え、2人で本当に残念で落ち込みました。
初めは戸惑っていたけど、お互い子供は好きだったから楽しみにしてました。
それがまさかこんなことになるなんて。
私はすでに35歳、ぎりぎり35歳の間で生めるかも、と思っていたらまさかのことで。
色々考えて落ち込みました。
でも、妊娠当時から、ちゃんと育ってくれるかな、大丈夫かな、って不安もありました。
たぶんそれは、私が以前小児科で働いていたから。しかも、NICUも見たことがあったから。
だから、流産がわかったときも「うそ」、と思ったけど、「どうして?」とかそんなことは思わなかった。
忘れていたけど、あの頃は私、健康に子供を産むってすごいことだ、って思ってました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。