Life

不育症の検査、体験談⓵

前回は不育症とは何か、不育症の原因とは何かについて記事を書きました。
不育症って?原因は?
私は2回自然妊娠し、2回稽留流産を経験し、先日不育症の検査を受けてきたのでその経験をここで共有し、今不安で悩んでいる人の参考になればな、と思います。

不育症の検査まで

私は夫もほぼ年が変わらず30代半ば
2回の流産の後、先生から不育症の検査について勧められました。
私も2回目の流産のあとに色々と調べて検査をしたいと思っていました。
先生からはいつも紹介しているという大学病院を紹介されました。
家からは結構遠いところ。
私は、事前に不育症の検査・治療ができるところを調べてみましたがとても少ないです。
ほとんどは大学病院でした。
クリニックは都内にはないようでした。横浜のほうだったかな。1つあったけど。
不妊症のクリニックがあちこちにあることを考えると、不育症は絶対数がそれだけ少ないんだな、と思います。
そして、実は近くに1つ不妊症のクリニックだけど不育症も扱ってますよ、というクリニックを見つけました。
すぐ近くの総合病院の分院であり、その総合病院はお産を含む産婦人科があります。
なので、電話をかけてみたんだけど医師が不妊症専門で不育症専門ではなくてもよければ診察は出来る、とのこと。
結局、先生が紹介してくれた大学病院に行くことにしました。
予約は自分で電話して取ってくださいとのこと。紹介状はもちろん書いてくれました。
早速予約を取ろうと電話すると、この病院不育症の検査には流産後2回の月経が来た後に初診と。
流産の手術後だったので結局3か月くらい待たなくちゃいけないとは思ってもみず。
しょうがないから待ちましたが。
1回目の月経と2回目の月経の間に予約を取りました。
ここは既定の書類をHPからダウンロードして印刷して、記入してFAXして申し込むというめんどくさい方法。
FAX後私は週末をはさんだので週明けに診察日の連絡が来ました。

不育症の初診

診察日、夫婦2人で来てほしいと言われたけど結局夫は仕事で行くことができなかったので1人で行きました。
電話で診察時間の30分前にきて診察券とか作ってくださいと言われたものの結局10分前くらいに到着。
大丈夫だろうと思ったんだけど、さすが大学病院、時間がかかりました。
総合受付で診察券を作り、産婦人科で問診票を書き、受け付け全て終わるのに30分くらいかかりました。
でも、そのあと診察までは1時間しないかな、くらいで意外に時間かからずによかった。
先生は男性で、色々聞かれるかと思ったけど紹介状があったためか全く聞かれることはなく。
2回の流産だと原因がわからないことも多いです、と言われたのとザーッと不育症の原因を説明され私の場合は抗リン脂質抗体症候群の可能性が高い、と言われました。
まずは内診。触診と経腟超音波検査。これだけで子宮の形態異常、子宮筋腫などはないとのこと。
正直ネットで造影検査やMRIをするところもあるって読んだのでしなくていいのかな、って思ったり。
その後の検査も、初診当日に血液検査、別日で保険適応外の血液検査、別日で夫婦一緒に来て染色体異常の血液検査と計3回の血液検査で結果を出すとのこと。
ネット上では月経前と月経中で血液検査をするところもあるみたいだったのでちょっと拍子抜け。
でも、一応不育症専門だし、大学病院だし、早く終わって少ない回数であれば私も助かるので何も聞きませんでした。
診察は本当にあっさりとしたものでした。
染色体異常の検査には夫婦そろっての同意書が必要とのことで説明の用紙と同意書を渡されました。
また、染色体異常だけは結果が出るのに3週間くらいかかるとのことで1か月くらい先の予約を取り早めに検査に来てください、とのことでした。

下の写真は初診日の明細。
初診料がそんなにかからなかったのは紹介状のためなのか、大学病院初受診でよくわからなかったけど。
まさか、こんなことで大学病院を受診することになるなんてね。

ちょっと小さくて見えにくいですね。初診料(診察代)842円、検査9708円、合わせて10550円でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。