Woman

流産と聞いて、初めての手術まで

流産して

流産と言われて、1週間後に来てくださいと言われたので
長かったけど待って待って1週間、行きました。
なんと、その日に限って代診の先生でした。
結果は同じ。やっぱり心臓は動いていない、とのことでした。

流産の種類

流産には、出血などがあって一部が出てしまう部分流産と、完全に出てしまう完全流産があります。
そして、私がなったのはお腹の中で心臓の動きが止まってしまう稽留流産。基本的には流産はこの3つです。
切迫流産は流産しかかっている状態であり、まだ流産したわけではないので流産には入りません。
私がなった稽留流産は基本的には自覚症状はないようです。しかも、おなかの中で赤ちゃんはいわゆる死んだ状態になっていますが、ホルモンの変化は継続しているのでつわりなどの症状がなくなることもないです。
なので、診察をして初めてわかる場合がほとんどのようです。

流産から手術まで

今後のために次の診察日を言われたものの、九州に行くことにしていた私たち。
もう、数か月前から計画して、お互いの親も関わっている話。
助産師さんに言ったら、ものすごい勢いで止められました。
絶対に行かないほうがいい、と。
移動中に何かあってもどうすることもできないし、いきなりこんな状態で産婦人科に行っても対応してくれないところが多い、と。
念のため、飛行機に乗るので気圧で出やすくなるとかあるのか聞くとそれはないとのこと。
そこで、強行突破しました。
本当は、やめるべきだったと思います。
でも、やめたくなかった。お互いの親が関わっていたこともあるけれど私も楽しみにしていたから。
職場はどんどん休みを取りにくくなるし、どうしても行きたかった。
そして、何の自覚症状もなかったからさらにその思いを止めることは出来なかった。
助産師さんからいつもの先生に電話連絡して確認してくれ、代診の先生に紹介状を書いてもらい、帰ってきた翌日に診察に来るように言われ、九州に行きました。
私は幸運にも、何もなく無事に過ごせたのでよかったです。
お互いの両親には九州に着く前に説明しました。
残念だね、って言ってもらい、旅行中もいろいろ気遣ってもらったのでよかったです。
でも、もしそういうことがあってもできるだけ強行突破はしないようにしてくださいね。
飛行機の中で万が一、出てきちゃうようなことがあれば大変です。
おそらく助産師さんが心配してたのは、出血しても止血ができない、赤ちゃんが出てきちゃったら母体にも何らかの感染が起こる可能性がある、あとは痛み、とかだと思います。
産婦人科は何しろ経験ないのでわかりませんが。。。

手術

九州から帰って来て、診察に行って、いよいよ手術の日程が決まりました。
私も職場に連絡して、妊娠していることも言ってなかったのでそこから説明し、手術のためにちょっと勤務変更をしてもらいました。
夫は偶然にも休みがあったので、そこに合わせました。
手術の前日、子宮口を開くためにラミナリアというものを入れるので夕方来てください、と。
子宮口が開いていないと手術ができないそうです。
これは出産の時にも子宮口の開きが悪かったら使うらしいです。元々はコンブを原材料としていたらしいのですが、近年では作られたものもあるらしいです。
これは、人によっては入れた後に居たくて動けない人もいるらしいのですが、私は結構平気でした。
違和感はすごかったけど大丈夫でした。
助産師さんにはタクシーで帰った方がいい、と言われてタクシーで帰りましたが。。。
そして翌日、朝から病院に向かい、手術室に通されて着替えをして、点滴をされて心電図モニターなんかを付けられます。
すべて用意ができたところで先生が来て、痛み止めと麻酔を点滴から入れられました。
点滴入った瞬間に痛ってなって、一緒に1,2,3って数えたあたりでふぅっと意識が途切れました。
目が覚めたときには全部終わってました。隣には夫が座ってました。
「ここにいてね」って言った後にまた眠ってしまったのを覚えています。
手術時間は5分から10分と聞いていたので直ぐだったと思います。トータルでも寝ていたのは1時間弱くらいかと。そのあとトイレに言ったら結構出血してました。
そのあとに先生に診察をしてもらい、血液が残ってるけどいいでしょうってことで、薬をもらってまた一週間後に診察。

夫と一緒にお粥のお店が近くにあったのでお粥を食べて帰りました。
本当に、夫の仕事が休みで、付いててくれてよかったー。
一緒にいてくれるだけで本当に心強かったし安心できました。
同時に、1人で手術受けるのって本当に心細いだろうな、って思いました。

ちなみに、つわりの症状は手術後1週間くらいでだいぶ落ち着いてきました。
そして、今回の流産、診察でわかったのは11週だけど、9週のあとにもう流産してたでしょうってことで9週ということで手術してもらいました。
12週を超えると出産という形になるから費用も出産費用と同じだけかかると言われました。死産届もしなくちゃいけなかったみたいです。
私の場合は日帰りの手術で5万、しなかったと思います。
手術の後、医療保険に請求して、女性特約も付けていたのでその分も加算され振り込まれました。
もし、12週より後だったら全然足りなかったからよかったというのも変だけど、よかったです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。