Life

果実酒の季節 梅酒作りました

以前、果実酒作りとしてイチゴ×ウィスキーパイナップル×ラムを作りました。
果実酒作りの初夏 イチゴ×ウィスキーとパイナップル×ホワイトラム
それから約1か月後。
予約していた南高梅の青梅が届いたので梅酒を作りました。
そして、イチゴウィスキーとパインラムのその後も紹介します。

梅酒作りの準備

私は適当なくせに、何かとこだわってしまう方で
スーパーでも青梅は売っていたんだけど思ったよりも高かったのでネットで調べてみました。すると、ネットも高い(笑)
スーパーで1Kg1000円くらい、ネットは梅自体はそれより安くても結局送料がかかるから高くつくって感じ。
もちろん高い梅もありますよ。
色々探して、いつも使う楽天で「紀州 田舎の小さな八百屋さん」というショップから南高梅の青梅を3Kg買いました。
今はもう季節終わっちゃったので梅はないと思います。
頼んだのは5月の中旬すぎ、届いたのは6月の中旬でした。
ただ、頼んだすぐ後に自宅近くの八百屋さんで青梅が1Kg700~800円で売られていて来年はここでいいや、と思いました。
しかも、時期がずれてきたからか5月の下旬には梅の値段も下がってスーパーも八百屋と同じくらいの値段になってました。
そして、何に漬けようかなーと迷い、ネットでいろいろ調べたんです。
ホワイトリカーはなんとなくイヤで
調べてみたら焼酎は黒糖焼酎が1番まろやかにできそうだったので、1つは黒糖焼酎漬けに。
そしてもう1つは以前からブランデー梅酒気に入っていたのでブランデーにしよう、と決めていました。

梅酒作り

さて、いよいよ梅が届きました。
ラッキーなことに私が休みの日。
レビューを見ると傷がついてるのが多かった、とか量が頼んだ量より少なかった、とあったのですぐに測りましたが約3Kgしっかりありました。
傷物も10個もないくらいだったかな。

Processed with VSCO with preset

届いて、私が1番にしたのがヘタを取り除くこと。
レシピみてると南高梅じゃない梅は水に1時間くらい漬ける必要があるみたいなんだけど、南高梅は漬けないでいいらしいのでヘタを取った後に洗おう、と思ったんですよね。
竹串はまだ買ってなかったので爪楊枝を使いましたが問題なくヘタを除くことができました。
ヘタを取り除いたら水洗い。しっかり水を切って乾かします。
ヘタのところはちょっとだけペーパータオルで拭くような感じで。
洗って、さっと拭いた後重ならないように置いて乾かしておくことに。
梅酒を作るための容器を買っていなかったので、近くのスーパーに行ってみました。
時期にはいろんな大きさのものがたくさん売られていたのにすでに1.5Lと4Lのものしかない。
家の近くにあるスーパー3つくらい行ったけど欲しかった2Lくらいのものがなく。
本当は、1Kgの梅で4Lの容器が推奨みたいなんだけどそんな大きいの3つも家に置けないから小さめにしようと思って。
自転車で隣駅のダイソーに行ってとりあえず2Lのガラス容器があったので買ってみました。
もしダメだったらまた買えばいいし。

ブランデー梅酒

1つは梅1KgとブランデーV.Oを1瓶、640ml。

created by Rinker
¥899
(2019/08/19 05:06:35時点 楽天市場調べ-詳細)

砂糖は氷砂糖が基本だけどこれはきび砂糖を使いました。
カップ印のきび砂糖。

created by Rinker
¥306
(2019/08/19 13:06:10時点 楽天市場調べ-詳細)

砂糖は500gくらい入れました。

黒糖梅酒

1つは梅1Kgと黒糖焼酎奄美を1瓶、720ml。
こちらは普通に氷砂糖を500g。

梅シロップ

そしてもう1つは梅酒じゃなくて梅シロップを作ることに。梅1Kgと氷砂糖を800g、お酢を100ml
全ての瓶を先にお酒入れてちょっと回して乾かしてから使っていましたが、こちらはお酒を使わないので、先日使ったホワイトラムを回し入れることに。
ついでに、梅もお酒にくぐらせないと発酵してアルコールが出ちゃうと書いてあったのでラムにくぐらせました。
ホントはホワイトリカーがあまり味もないのでいいらしいのだけど、小さいサイズなかったし、大きいサイズ買ってもしょうがないのでホワイトラムで試してみました。
梅シロップは1か月で出来る予定です。そのあとは梅酢に使いまわすつもり。

Processed with VSCO with preset

左が黒糖焼酎梅酒、真ん中がブランデー梅酒、そして右が梅シロップ。
漬けた直後の写真です。

梅酒の容器について

梅酒を作った翌日から撹拌させるために容器を回してたら、こぼれてきました
やっぱり100円じゃないにしてもダイソーなので、きちんと密閉されてませんでした。
仕方ないので別の容器を買いました。
実は、3つ全て別々の容器を買ってみました。
どれがいいのか試してみようと思って。
なので今はこんな感じです。

1枚目、左が黒糖焼酎梅酒、右がブランデー梅酒。
2枚目、左が梅シロップを付けた後の梅とお酢を加えた梅酢。右は1か月漬けた梅シロップ。

ラッキョウ用を梅酢作りに。

個人的にセラーメイトが気になってたりします。
また来年も作るならその時はもうちょっと考えます。

ちなみに、シロップは出来上がったタイミングで変えました。
1か月で出来たので、シロップは出して、梅と、お酢を1000ml、氷砂糖を200g入れて今度は梅酢作りです。
レシピは大好きクックパッドより。

梅酒楽しみだなー、とりあえず梅酒が飲めるのは3か月くらいからみたいなので、あと2か月。
でも、漬かっておいしくなるのは1年くらいみたいなのでまだちょっと先だなー。
でも、初めての梅酒が楽しみです。

ちなみに梅シロップはもう出来上がってます。
おいしい☆
あまーくておいしい。4倍くらいの炭酸水かお水で割って飲みます。

イチゴウィスキーとパインラム


さて、1か月たったイチゴウィスキーとパインラム。
夫と飲んでみました。
ちなみに容器は違いますが今はこんな感じ。
イチゴウィスキーはピンク、パインラムはちょっと黄色がかってる感じです。
どちらも甘いです☆
でも私は好き、夫も好きな様子。
夫はパインが好きなので、パインラムがお気に入りの様子です。
結構お酒は強いので炭酸で割って飲みます。

そして、漬けてたイチゴとパインはジャムにしました。
作った人たちもイチゴジャムを作ったり、梅酒後に梅ジャムを作ったりしていたので。

ただ、これは要注意です。
かなり煮詰めてアルコール飛ばしたつもりだったけどまだまだアルコールでした。
漬けてたのを出してからもっと細かく切って煮たほうがよさそうです。
中にアルコールが溜まってすごいアルコールで仕事前に食べれない感じでした。
かなり大人のジャムでした。

今回は初めての梅酒作りについてでした。
もう今年は終わってると思うので来年参考にしてください。
次は3か月か半年後か、梅酒のその後の記事を書きたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。